• ホーム
  • 製品一覧
  • ネイチャーズ テイストとは
  • エミューオイルとは
  • お問い合わせ

ネイチャーズギフトに関する皆様の疑問・質問にお答えします。
ご質問のある方は、お問い合わせフォームからお寄せください。
ご質問・お問い合わせはこちらから

よくあるご質問

商品に関すること

Q:「ネイチャーズテイスト」はどんなワンちゃんに向いていますか?
A:全犬種対応です。
Q:小型犬と大型犬を飼っています。全く体格が違うのですが、同じ食事でも大丈夫ですか?
A:「ネイチャーズテイスト」は小型犬から大型犬まで、どんな体格にも対応しています。
Q:うちのコはお腹が弱いです。「ネイチャーズテイスト」をあげても大丈夫ですか?
A:「ネイチャーズテイスト」は、消化吸収率が92%と非常に高いご飯です。お腹の弱いワンちゃんでも安心して与えて頂けます。
Q:「ネイチャーズテイスト」は、お肉の含有率が多いようですが、太りませんか?
A:太るというよりも、むしろ健康的な筋肉質の締まった体つきになります。
Q:「ネイチャーズテイスト」は小さめの粒なので丸呑みしてしまします。
A:ワンちゃんは人間と違い、口の中に消化酵素を持っておらず、全て胃の中で消化します。
ですから丸呑みに近い状態でも体に悪影響を及ぼすことはありませんので、ご安心ください。
Q:粒の大きさや形に若干ばらつきがあるのはなぜですか?
A:ドッグフードはスナック菓子のように、熱と圧力をかけて発泡させて作られています。「ネイチャーズテイスト」は化学添加物を使っていないため、膨らみ方や大きさに違いが出たりすることもありますが、品質上問題ありません。
Q:粒に色の違いがあるように見えるのですが?
A:化学添加物を一切使用していないので無着色である事と、原材料収穫地や時期によって色に変化が起こることもありますが、品質上問題ありません。
Q:賞味期限は製造からどのくらいですか?
A:賞味期限は製造から18か月です。
Q:開封後の賞味期限はどのくらいですか?
A:「ネイチャーズテイスト」は、バリア性の高いパッケージと窒素封入により品質維持にこだわっておりますが、開封後は空気に触れることで、香りや風味が薄れていきます。1か月程度で食べきれるサイズをお買い求めいただくことをおすすめします。
Q:「ネイチャーズテイスト」はどんなワンちゃんに向いていますか?
A:全犬種対応です。
Q:窒素封入とは何ですか?
A:袋の中の酸素を脱気し、窒素を封入する方法です。空気中の酸素をなくすことで製品の酸化を抑えます。また、バリア性の高いパッケージを採用し出来立ての鮮度が保たれています。
Q:どのように保管すればいいですか?
A:袋の中の空気をよく抜き、虫が入らないようきちんとチャックを閉めてください。また、高温多湿・直射日光を避け、冷暗所に保管してください。
Q:冷蔵庫で保管したほうがいいですか?
A:冷蔵庫で保管する必要はありません。冷蔵庫での保管は、結露によるカビが生じる場合がありますのでご注意ください。

食事に関すること

Q:「マルチタンパク・レシピ」とは何ですか?
A:特定のタンパク源にこだわらず、様々な栄養素をバランスよく摂取できるレシピです。複数のタンパク源による丈夫な体づくりをサポートします。また、偏ったタンパク源を摂取することで起こりやすい、食物アレルギーの発症リスクを低減させます。
Q:幼犬用と成犬用の「マルチタンパク・レシピ」は何が違うのですか?
A:使用している食材はほとんど変わりませんが、それぞれのライフステージに合わせ、配合の比率を変えております。10〜12か月までの発育ざかりの子犬や、妊娠・授乳期の母犬には「幼犬用」をあげてください。
Q:「グレインフリー・レシピ」とは何ですか?
A:アレルギー源となりやすい、小麦・トウモロコシ・大豆などの穀物を使用せずに作られたレシピです。
Q:「ネイチャーズテイスト」には、肥満気味のワンちゃんに対応したご飯はありますか?
A:肥満気味のワンちゃんには、「フィッシュ」をおすすめします。高タンパクでも低カロリーとなっており、肥満でお悩みのワンちゃんに最適です。
Q:「フィッシュ」をあげるだけで痩せますか?
A:「フィッシュ」はヘルシーなレシピとなっておりますが、ダイエット目的の食品ではありません。ワンちゃんも人間と同じように適度な運動が必要です。もし動くのも億劫にしているほどの肥満であれば治療が必要となります。獣医師に相談してください。
Q:うちのコは食物アレルギーです。食物アレルギーに配慮したものはありますか?
A:アレルギーの種類にもよるので何とも言えませんが、魚を主原料に穀物を使わずに調理した「フィッシュ」をおすすめします。グレインフリー・レシピは低アレルギーで、既に食物アレルギーをお持ちのワンちゃんに最適です。また幼犬のうちから弊社のマルチタンパク・レシピを与えて頂けると、将来的なアレルギーの発症リスクを低減することが出来ます。
Q:高齢犬には何をあげればいいですか?また、いつから高齢犬用の食事に切り替えればいいですか?
A:「フィッシュ」をおすすめします。ヘルシーなレシピで、消化器の衰えが気になる高齢犬にも対応しております。犬種にもよりますが、一般的に7歳を過ぎると高齢期になるといわれています。
Q:高齢犬ですが、肥満が気になります。何をあげればいいですか?
A:低脂肪・低カロリーの「フィッシュ」をおすすめします。高齢犬は代謝が鈍くなるため、少ししか食べなくても太ってしまう可能性があります。
Q:避妊・去勢後の成犬には何をあげればいいですか?
A:低脂肪・低カロリーの「フィッシュ」をおすすめします。
Q:妊娠中・出産後には何をあげたらいいですか?また量の調節はどうすればいいですか?
A:妊娠中は、エネルギー要求量が多くなりますので、体重減少を防ぐため「幼犬用」をおすすめします。妊娠中は、交配時に適性な体重であれば、妊娠の5〜6週目までは給与量を増やす必要はありません。それ以降出産までは体のサイズにより異なりますが、大体通常の125%〜150%を給与します。出産後(授乳中)は、成犬期維持代謝エネルギー量の2〜3倍のエネルギーが必要となります。目安として、1週目・・・約1.5倍、2週目・・・約2倍、3〜4週目・・・2.5倍〜3倍となります。
Q:「ネイチャーズテイスト」はどんなワンちゃんにむいていますか?
A:全犬種対応です。
Q:産地どこですか?
A:オーストラリア産です。
Q:国産のフードでなければ信用できません。安全性は大丈夫ですか?
A:オーストラリアは日本と同じ島国のため、検疫がとても厳しいことで有名です。そのためBSE問題の時もほとんど影響を受けませんでした。原産国の表示は、その商品を最終加工国のことを言います。ですから一般に国産として販売されているドッグフードも、原材料は輸入しているところが多く、日本で加工することで国産と表記しているものもあります。
Q:人間が食べても大丈夫ですか?
A:「ネイチャーズテイスト」は、肉や野菜など全て人間の食品と同じ基準の原材料を使用して作られていますが、あくまでワンちゃん用のレシピとなっておりますので、おすすめしません。また、お子様や乳幼児の手の届かないところに保管し、誤食にご注意ください。
Q:添加物を使用していますか?
A:「ネイチャーズテイスト」は化学的な合成保存料・酸化防止剤・着色料・香料は一切使用しておりません。
Q:保存料(酸化防止剤)は何を使っていますか?
A:「ネイチャーズテイスト」にはエミューオイルが配合されております。エミューオイルには抗酸化作用による保存力をもっており、化学薬品なしで長期保存を実現することに成功しました。また、油脂の酸化を防ぐ補助的な役割として、天然由来成分のビタミンE,クエン酸、ローズマリーエキスを配合しております。(製品の表示は「ミックストコフェノール」となっております)
Q:手作り食のほうが安心です。それでもドッグフードを与える理由とは何ですか?
A:ワンちゃんは、人間とは必要な栄養バランスが大きく異なります。適切な栄養バランスの食事を毎日手作りするのはなかなか大変です。「ネイチャーズテイスト」にはそれぞれのワンちゃんに必要な栄養素やサポート成分がバランス良く含まれております。
Q:ずっと継続してあげたいのですが、味に飽きたりしませんか?
A:ワンちゃんは好きなご飯を匂いや食感で判断し、自らの栄養・エネルギー要求量に見合うように食べます。ワンちゃんは1種類の食事だけでも満足ですが、将来的な食物アレルギーの発症リスクを抑えるために、「ラム&ダック」と「フィッシュ」を交互にあげて頂くことをおすすめします。
Q:「ネイチャーズテイスト」への食事の切り替え方法は?
A:現在与えている食事に「ネイチャーズテイスト」を2割ほど混ぜて与えます。1週間ほどかけて徐々に割合を増やしてください。急な食事の変更は、お腹の調子が慣れていないと、消化不良などを引き起こす可能性があります。また、幼犬用→成犬用など種類が変わる時も同様の手順を行うことをおすすめします。
Q:1日何回食事を与えればいいですか?
A:1日の給与量を2〜3回に分けてあげるのが一般的です。ワンちゃんの状態に応じて調節してください。
Q:1日にどれくらいあたえればいいですか?
A:パッケージに記載しております、1日分の給与量を参考に数回に分けてあげてください。また、弊社ホームページでも紹介しております。
Q:幼犬用から成犬用の食事へはいつ切り替えればいいですか?
A:小型犬でおよそ10か月(チワワは約8か月)、中型犬で約12か月、大型犬で約15か月で成犬になります。ですから、およそ10〜12か月を目安に切り替えて頂くと良いと思います。
Q:子犬のうちに避妊・去勢手術をしました。成犬用に切り替えた方がいいのでしょうか?
A:食欲が増したり、運動量が低下することで肥満傾向になることはありますが、給与量と体重に注意しながら幼犬用をあげてください。
Q:まだ子犬なのに肥満です。成犬用などカロリーの低いものに切り替えた方がいいのでしょうか?
A:成長期の子犬は、特別な栄養素を必要とします。給与量と体重に注意しながら幼犬用をあげてください。また、成犬になってから極度の肥満になる恐れがありますので、気になるようでしたら獣医師に相談してください。
Q:なぜ幼犬・成犬で食事が分かれているのですか?
A:成長に合わせて、必要とされる栄養素が違うからです。特に成長期の子犬は、多くの栄養素やエネルギーを摂取できる食事が必要となります。成犬になると、今まで成長に使われていたエネルギーは健康維持のために使われます。「ネイチャーズテイスト」はライフステージに合わせた最適な栄養バランスを考慮し調理されています。
Q:「総合栄養食」とは何ですか?
A:「総合栄養食」とは、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験、または給与試験の結果評価基準を満たした食事のことです。定義として「主食としてペットフードと水だけで、犬や猫の健康維持や成長に必要な栄養素を過不足なく摂取できることが確認されたフード」が総合栄養食と言えます。もちろん、「ネイチャーズテイスト」は総合栄養食です。
Q:「AAFCO」とは何ですか?
A:「AAFCO」とは米国飼料検査官機関(Association of American Feed Control Official)の略称です。ペットフードの栄養基準、ラベル表示などに関するガイドラインを設定しており、日本のペットフード公正取引協議会の規約でも、「AAFCO」の栄養基準を採用しています。
Q:季節によって食いつきに差があるような気がしますが?
A:気温によって食いつき(栄養の摂取量)は変化します。特に寒い時期・過ごしやすい時期・暑い時期などです。ワンちゃんの様子を見ながら量を調節してください。もし心配であれば、獣医師に相談してください。
Q:うちのコは、いつも元気にドッグランなどで走り回っています。給与量だけではたりないのでは?
A:当然アクティブに動いているワンちゃんは、人間と同じようにエネルギー要求量が異なります。給与量はあくまでも目安ですので、適宜調節をしながらあげてください。
Q:水やぬるま湯でふやかしてから与えてもいいですか?
A:もちろん構いません。離乳食からドライフードに移行する際はそうされることをおすすめします。ただし、ビタミン類を壊す恐れがありますので40℃以上のお湯は使用しないでください。また、1度湿らせたものは2時間以内に食べさせて、残ったものは捨ててください。基本的にドライフードは、歯石の沈着防止などの歯と歯茎の健康維持や口腔内を衛生的に保ちますので、そのままあげることをおすすめします。
Q:健康に良さそうなので、猫にあげても問題ありませんか?
A:犬と猫の必要とする栄養素は全く違うため、健康上の問題を起こしかねません。絶対にあげないでください。

犬に関すること

Q:「ネイチャーズテイスト」に切り替えてから便がパサパサになったり、やわらかくなったりします。体に合わないのでしょうか?
A:切り替え直後や、切り替え期間が短ったりすると起きやすい現象です。病気ではありません。「ネイチャーズテイスト」は、あえて糞の形を形成するビートパルプを使用せず、消化吸収率が非常に高いのが特徴です。数日経って体が対応できるようになると、良便に変わっていきます。
Q:切り替え時は問題ありませんでしたが、急に軟便になりました。何が原因なのでしょうか?
A:理由は様々ですが、ご飯や水を与えすぎたり、別の食材を混ぜたり、環境が変わりストレスを感じているときに起こりやすいようです。1週間程度様子を見て症状が続くようでしたら、獣医師に相談してください。
Q:うちのコは肥満なんでしょうか?どのような状態が肥満と言えるのでしょうか?
A:両手でそっとあばらに触れ、肋骨が全く手に感じとれなければ肥満と言えます。また、高齢期に急激に太り始めた場合は、心疾患から来る「腹水」や腎臓病による「むくみ」の疑いがありますので、獣医師に相談してください。
上部へ戻る